相変わらずqmailインストール

以前 vpopmailでのDomainKey対応 においてqmailでのインストールについては完結していたと思ったが、不正中継対応用パッチのインストールについての説明が欠けていました。

qmailインストールの際には不正中継防止としてのパッチ

qmail-smtpd-relay-reject.patch

を必ずあてましょう。

# patch -d  qmail-1.03/ < ../qmail-smtpd-relay-reject.patch

後からパッチを充てる場合は、上記パッチをあてた後にmakeして出来上がるqmail-smtpdを

/var/qmail/bin/qmail-smtpd

にコピーすればOKです。

不正中継の確認には

第三者中継チェック

が便利です。

qmailはこんなのばっかで疲れますねぇ。。。

カテゴリー: 技術関連 パーマリンク