redhat(linux)上でのapacheインストール

redhat上でapache1.3.39をインストールした際のメモです。

1.必要な材料

openssl-0.9.7a.tar.gz

mod_ssl-2.8.30-1.3.39.tar.gz

apache_1.3.39.tar.gz

これらを適当なインストールディレクトリに置き、tar -xvfzで展開しておきます。

1.opensslのインストール

% sh config no-idea no-threads -fPIC

でconfigureを行い、

# make install

2.mod_sslのインストール

下記コマンドでconfigureします。apacheで利用するモジュールなどはここで指定します。

下記の例ではapacheは”/home/apache”にインストールされます。

./configure \
–with-apache=../apache_1.3.39 \
–with-ssl=../openssl-0.9.7a \
–prefix=/home/apache \
–enable-rule=SHARED_CORE \
–with-layout=Apache \
–enable-module=so \
–enable-module=status \
–enable-module=info \
–enable-module=rewrite \
–enable-module=usertrack \
–enable-module=expires \
–enable-shared=max

3.apacheのインストール

2が終わったら、

% cd ../apache_1.3.39

# make install

/home/apacheを確認します。

/home/apache/libexec/以下に各種モジュールファイル(libssl.so,mod_rewrite.soなど)がインストールされていればOKです。

カテゴリー: 技術関連 パーマリンク