本音と建て前

自分は個人事業主として仕事をしています。

このスタイルでもう10年以上続けているのですが、「会社化して上場して大金持ちになって引退」みたいな野望が無いわけでもありません。
なぜ踏み切れないのか考えたときに、一番手前の理由として「本音と建て前」を使い分けるのが面倒というのがあります。

今の世の中、「建て前」だらけです。世界中です。
そんな中、アメリカにトランプが登場し、いよいよ本音の時代が到来するかと思ったのですが、これまたいろんなこと抱えているみたいでやっぱり本音だけではやっていけないみたいです。
子供を見ていると、最初は建て前なんて知らず、本音100%で生きています。
すごく楽しそうです。
何年か経っていくと、周りとの関係性で徐々に自分の本音が出せなくなっていきます。
つまならそうに見えてきます。

僕は会社を経営するということは、建て前の中で生きるようなイメージを持っています。
今の世の中、やれパワハラ、やれセクハラだと本音など到底出せる状況ではありません。
こんな環境から良いものが生まれてくるはずはありません。

建て前の面倒くさいところは、建て前を考えなきゃいけない、建て前の一貫性を保たなければならないあたりを気を使わなければならない点にあります。(僕の場合ですが)
やりたくない仕事を、「御社のためには○○するのがベストなので、これはやらないほうが良いです」と断った場合、次回断る際に何て言ったけ?とか覚えてないといけなくなります。
まあ適当に言っておけば良いんでしょうが、僕はその辺が気になってしまう性格なのでつらいんです。時間がもったいないんです。

この辺は育っていた環境によるところが大きいんだと思いますが、建て前を使うのが上手い人間が増えていくのは自分としては望ましい状況ではありません。
みんな仲良くで暮らしやすい世の中になるんでしょうが、全然面白くないんです。
テレビがつまらなくなった理由もやれコンプライアンスだの変なルールに自分たちが縛られていった結果なんだろうと思っています。

まあ、何の結論もないのですが、1日1回ブログを更新しようと思って書いてみました。

おしまい。

カテゴリー: つぶやき パーマリンク